新潟高度情報専門学校

1985年(昭和60年)
3月

新潟県知事から「新潟高度情報処理技術学院」(各種学校)の設置について認可を受ける。

4月

同校を開校する。情報処理専門科(3年制)、情報処理技術科(2年制)を設置。

9月

新潟県知事から専門学校「新潟高度情報処理技術学院」の設置について認可を受ける。

1987年(昭和62年)
3月

第1回卒業生を社会に送り出す。

1988年(昭和63年)
3月

通商産業省「情報人材育成連携機関委嘱校」として全国105校のうち1校として選考され、指定される。

1989年(平成元年)
10月

第二種情報処理技術者試験(通産省認定)に3年連続合格率日本一となる。
オンライン情報技術者試験(通産省認定)に新潟県初の女性合格者を出す。

1990年(平成2年)
10月

オンライン情報技術者試験(通産省認定)に5名の合格者を出す。

1991年(平成3年)
10月

オンライン情報技術者試験(通産省認定)に7名の合格者を出す。

1992年(平成4年)
4月

新潟高度情報処理技術学院駅前校開校。同校において情報ビジネス科を設置。

1993年(平成5年)
4月

情報工学科(4年制)を設置。
全国経理学校協会に加入。
日本語文書処理技能マスター認定制度指定機関に認定。

10月

オンライン情報技術者試験(通産省認定)に8名の合格者を出す。

1994年(平成6年)
4月

新潟高度情報処理技術学院駅前校の情報ビジネス科がビジネスキャリア科に変更。

2001年(平成13年)
4月

ゲーム系学科を設置

9月

栂坂昌業初代校長が校長職を退き、石澤直樹副校長が学校長に就任。

2007年(平成19年)
4月

新潟高度情報処理技術学院が西大畑から現在地の明石に移転。

2009年(平成21年)
4月

帝京大学理工学部と併修の高度情報科学科(現 情報工学科)(4年制)を設置。

2010年(平成22年)
4月

「新潟高度情報処理技術学院」より校名変更。

2011年(平成23年)
4月

情報キャンパスが完成。

2014年(平成26年)
4月

文部科学省「職業実践専門課程」全学科認定

1985年(昭和60年)

3月 新潟県知事から「新潟高度情報処理技術学院」(各種学校)の設置について認可を受ける。
4月 同校を開校する。情報処理専門科(3年制)、情報処理技術科(2年制)を設置。
9月 新潟県知事から専門学校「新潟高度情報処理技術学院」の設置について認可を受ける。

1987年(昭和62年)

3月 第1回卒業生を社会に送り出す。

1988年(昭和63年)

3月 通商産業省「情報人材育成連携機関委嘱校」として全国105校のうち1校として選考され、指定される

1989年(平成元年)

10月 第二種情報処理技術者試験(通産省認定)に3年連続合格率日本一となる。
    オンライン情報技術者試験(通産省認定)に新潟県初の女性合格者を出す。

1990年(平成2年)

10月 オンライン情報技術者試験(通産省認定)に5名の合格者を出す。

1991年(平成3年)

10月 オンライン情報技術者試験(通産省認定)に7名の合格者を出す。

1992年(平成4年)

4月 新潟高度情報処理技術学院駅前校開校。同校において情報ビジネス科を設置。

1993年(平成5年)

4月 情報工学科(4年制)を設置。
   全国経理学校協会に加入。
   日本語文書処理技能マスター認定制度指定機関に認定。
10月 オンライン情報技術者試験(通産省認定)に8名の合格者を出す。

1994年(平成6年)

4月 新潟高度情報処理技術学院駅前校の情報ビジネス科がビジネスキャリア科に変更。

2001年(平成13年)

4月 ゲーム系学科を設置。
9月 栂坂昌業初代校長が校長職を退き、石澤直樹副校長が学校長に就任。

2007年(平成19年)

4月 新潟高度情報処理技術学院が西大畑から現在地の明石に移転。

2009年(平成21年)

4月 帝京大学理工学部と併修の高度情報科学科(現 情報工学科)(4年制)を設置。

2010年(平成22年)

4月 「新潟高度情報処理技術学院」より校名変更。

2011年(平成23年)

4月 情報キャンパスが完成。

2014年(平成26年)

4月 文部科学省「職業実践専門課程」全学科認定