新潟高度情報専門学校 情報工学科

情報工学科 情報工学科

KOUDOで帝京大学が卒業できる!

帝京大学理工学部との教育連携で、IT技術を中心とする情報工学分野が幅広く学べます。
情報工学科(4年制)は、KOUDOと帝京大学を同時に卒業可能。4年間の併修カリキュラムで、高度専門士と学士(工学)の称号が取得できます。KOUDOと帝京大学の2つの学びは、単なる知識や技術の修得にとどまらず、幅広く奥深い学びの領域で、探求心豊かなヒューマンスキルを育みます。

KOUDO×帝京大学 学びの4つの魅力

学びの領域
専門的で実践重視型のKOUDO、
サイエンス色豊かな帝京大学。
IT分野において専門的で実践的なカリキュラムのKOUDOと、情報工学におけるIT技術を核に、外国語から文化芸術、社会学系などの科目も履修できる帝京大学。2つの学びが合わさることで、システムに限らずネットワークやCGなどの多彩な科目選択も可能となり、まさにその融合は、これからのITの世界では備えておきたい学びの領域を提供します。
情報工学科
学びの形態
幅広い知識と大家教養を身に着け、専門分野を深く追求。 1. プラクティス授業
仕事で実際に使うために、学んだ理論や知識を実践する授業。コンピュータだけでなく、幅広い分野での新発見があります。
2. サポート授業
帝京大学科目の授業に優先して取り組む授業。専任講師の手厚いサポートで、単位取得を目指します。
3. 研究授業
研究テーマを自分で考え、新システムの創作を目的とする授業。業界出身の専任講師が、的確なアドバイスを与えてくれます。
学びの極意
毎日がゼミのようにアットホーム!
コミュニケーションが楽しくなる学び。
一般的な大学では、ゼミや研究など実践的なスタイルでの授業は、大学生活後半で用意されていますが、KOUDOでは入学当初から実践的な授業がスタートします。KOUDOの授業では、学生と教員または学生同士のコミュニケーションが多く、早期にその楽しさを感じることで理解や上達につながります。
情報工学科
学びの成果
併修制度で学ぶからこそ就職に強い! 情報工学科情報システム科

カリキュラム

1年次 ITや教養についての基礎習得
大学科目 教養関連の総合基礎科目や専門基礎科目と、情報通信、情報エレクトロニクス、情報教員など選択コース別の専門科目を学ぶ。
主な科目 ● 情報基礎1 ● 基礎数学 ● 論理数学 ● 英語 ● プログラミング1・2 ● インターネット通信概論 ● 技術者倫理 ● 教育史(教職のみ)

専門学校科目 コンピュータに関する基礎知識を学び、ネットワークやセキュリティ、プログラミングの基本理解を行いながら国家試験合格を目指した専門基礎を学習する。
主な科目 ● ストラテジマネジメント ● アルゴリズム基礎 ● Java基礎 ● 情報リテラシー ● HTML/CSS
2年次 資格取得とプログラミング基礎実践
大学科目 教養関連の総合基礎科目や専門基礎科目における発展科目と、選択モデル別の専門科目を学ぶ。
主な科目 ● 情報科学演習 ● 情報基礎2 ● プログラミング3・4 ● 数値解析法 ● 英語コミュニケーション ● 法学 ● 教育心理学(教職のみ)

専門学校科目 プログラミング、インターネットワーキング、データベース、セキュリティ等に関して、応用・実践的な内容を学ぶ。
主な科目 ● データベース ● ネットワーク技術 ● オペレーティングシステム ● Android基礎 ● 組込み基礎 ● TOEIC対策1 ● 基本情報演習 ● アクティブラーニング
3年次 プログラミング応用実践と総合的な開発学習
大学科目 専門科目内における発展科目を中心に学ぶ。
主な科目 ● コンピュータシミュレーション概論 ● 情報デバイス工学 ● 論理回路 ● 情報科教育法(教職のみ)

専門学校科目 さらに高度な資格取得と選択コースに即した技術を用いて行う開発を、企画から完成後の改善までを体系的に学習する。
主な科目 ● TOEIC対策2 ● IT実務演習 ● 組込み応用 ● 組込み総合 ● ゼミ ● アクティブラーニング ● 応用情報演習
4年次 興味あるテーマ研究・開発
大学科目 専門科目内における発展科目および情報倫理関連科目を学ぶ。
主な科目 ● 電子回路1・2 ● システム科学 ● 半導体工学 ● 情報と職業 ● 技術者の人間学 ● 情報社会論 ● 教育実習(教職のみ)

専門学校科目 ゼミ・卒業研究科目において、身につけた知識および技術を具現化できるスキルを確認する。
主な科目 ● 卒業研究

コース別代表科目 ~将来へつながる分野を選ぶ!~

システム工学コース

システム開発に必要なスキルを全般的に学べる。

代表科目>システム開発演習

情報工学科

スマートフォンやタブレットの登場で、ITが関わる環境では依然、進化が継続中です。1つの進化に対して無数のサービスが登場する世の中では、それに対応できるシステムエンジニアやプログラマが求められており、必要なスキルを校外活動や産学連携をモデルに身につけていきます。

主に目指す職業

プログラマ・システムエンジニア など

ロボット・組込み工学コース

現代社会で必要とされている「組込み技術」を中心に学ぶ。

代表科目>組込みプログラミング

情報工学科

便利な家電製品、衝突防止機能がついた自動車、災害現場をリアルタイムに撮影する無人ヘリ…これらは全て「組込みプログラミング」で実現されているものですが、その基本となる知識や技術から、実際に開発する応用編までを体系的に学びます。

主に目指す職業

組込みエンジニア・アプリエンジニア など



Voice of sdudents

情報工学科
関芽依さん (新潟商業高校出身)
新潟県で唯一、帝京大学と提携して大学を卒業できる専門学校という部分に魅力を感じました。Wスクールという特殊な制度で学ぶことになりますが、先生方が一人ひとりの質問に丁寧に対応してくれたり、分からないことも気軽に質問できる環境が整っています。入学して本当に良かったと感じています。
情報工学科